山梨県 トピックス インターハイ準々決勝 前橋育英 対 星陵

インターハイ準々決勝 前橋育英 対 星陵

2014.8.6
image (3)
image (4)

試合開始からロングボールでというよりはボールを保持しようとしているように見えた。DFからしっかりつなぎリズムを作ろうとするが、中盤での激しい奪い合いがしばらく続く。最初のチャンスは前橋育英が右サイド相手自陣の深い位置からのスローインを上手くつなぎエリア内で強烈なシュートを放つが、惜しくも星陵GK坂口にセーブされる。17分中盤でボールを持った5番野口から9番青柳がタイミングよく動き出しDFの背後にスルーパスが通る、これを青柳が右足で豪快に決めた。1-0前橋育英。25分には前橋育英が中盤でボールカットから前線10番渡邉へ、ペナルティー内を巧みなボールタッチで突破、こぼれたボールを8番小泉のミドルシュートもクロスバーの上へ。前橋育英が主導権を握りゲームを進める。立ち上がり星陵のプレスに引っかかっていたが、上手くはずし始め、セカンドボールも前橋育英が拾う回数が増える。30分そんな状況の中、星陵が1チャンスを物にする。ペナルティー付近中央で9番杉原が後向きでボールを受けたが上手くターンしシュート。前橋育英GK坂口も反応したが右隅にゴールが決まる。1-1同点。

image (5)
image (7)

その後もシュートチャンス作るもゴールを奪えず前半終了。後半、星陵がしっかりボールを保持しながらゲームが進む。そんな中でも前橋育英が要所要所でボールを奪い鋭いカウンターで仕掛ける。前線の選手は高い位置でボールを受けると、常に相手に向ってドリブルで仕掛けてシュートまで持ち込んでいる。逆に星陵はボールを保持しながら前橋育英ゴールに迫ろうとするが、ラストパスの精度をかきシュートまでなかなか行かせてもらえない。15分には日井田罹災殿ドリブル突破から前橋育英がミドルシュート。これがクロスバーに当たり惜しいチャンスを逃す。

image (8)
image (9)

21分前橋育英は、左サイドをドリブルでえぐり逆サイドへ大きいクロスを上げる、これを中央に折り返した所に10番渡邉が右足ボレーで追加点。すばらしいゴールが決まる。この勢いで前橋育英が決定的なチャンスを連続で作る。星陵はGK坂口を中心に何とか守りきるがなかなか攻撃の糸口が見えてこない。31分にはゴール前でFKのチャンスも味方に合わず跳ね返される。終了間際にはFKからヘディングで上手くすらせてゴールかと思われたが前橋育英GK吉田の正面でゴールならず、そのまま試合終了。2-1で前橋育英高校が星陵高校を破った。明日は、熊本県代表の大津高校と決勝戦をかけ対戦する。

サッカーバンク編集部
サッカーバンク編集部
Page Up