山梨県 トピックス 第96回全国高等学校サッカー選手権大会山梨県大会準決勝

第96回全国高等学校サッカー選手権大会山梨県大会準決勝

2017.11.11

第96回全国高等学校サッカー選手権大会山梨県大会準決勝2試合が中銀スタジアムで 平成29年11月11日(土)に行われた。

大会の流れを思うと、準々決勝から2週間という間が空いたことにより、しっかりとした準備が出来た半面、モチベーションを維持する事が非常に難しい試合。

準決勝第1試合は帝京第三と昨年度準優勝の韮崎との試合、帝京第三のキックオフで始まった。
立ち上がりチャンスを作ったのは帝京第三。 フリーキックからゴール前にFW9亀屋が飛び込むが、これはオフサイドの判定。2分後にも再びフリーキックを得た。
キッカーはFW10堀川、しかしボールは韮崎GK1志村の真正面。 一方の韮崎は、左サイドMF9小林にボールが出るとドリブルから絶妙なクロスボールを中央に入れる。
このボールにMF11藤島が飛び込んだが僅かに合わず得点にならない。

韮崎の応援も大きなため息が漏れた。 そして8分、今度は帝京第三FW10堀川が右からドリブルで仕掛け最後はFW9亀屋がフニッシュ、韮崎ゴールネットを揺らし先制点を奪った。 その後はお互い攻守を繰り返す。
1-0で前半を折り返すと思われた38分、韮崎が右からのクロスを中央にいたMF10浅川が ゴールを奪い同点とした。 1-1となり後半に入ると韮崎が帝京第三ゴールに襲いかかる。 立ち上がり1分韮崎がコーナーキックを得た。
キッカーの韮崎MF6藤原からのボールにMF10浅川がシュートを放つ。

このボールは帝京第三ゴールのクロスバーに直撃し跳ね返る。
この跳ね返ったボールをMF11藤島がシュートするが帝京第三ゴールネットを揺らす事が出来ない。
再びコーナーキックとなり、これを韮崎DF4櫻井が頭で合わすも、またしてもクロスバーに嫌われ得点にならず。
後半13分、今度は帝京第三MF6阿川が倒されフリーキックを得た。
キッカーは帝京第三FW10堀川、蹴ったボールは直接韮崎ゴール左隅を捉え追加点を奪った。
これが決勝点となり2-1で帝京第三が韮崎を破り決勝に名乗りを上げた。

第2試合となった日本航空と山梨学院は、立ち上がりから山梨学院が力強い攻撃を見せ日本航空に襲いかかり、
前半9分に山梨学院FW10宮崎からのボールをFW9加藤が頭で合わせ先制点を奪った。後半16分にもMF11野村からのボールをMF7増村がシュートを決め追加点を奪った。
日本航空も山梨学院ゴールを目指すも決定機を作り切れず得点を奪う事が出来ず、 山梨学院が2-0で日本航空に勝利した。

決勝戦は平成29年11月18日(土)に中銀スタジアムで行われる。
キックオフは12:05、第96回全国高等学校サッカー選手権大会山梨県大会を制し全国への切符を手中に収めるのは。

第96回全国高等学校サッカー選手権大会山梨県大会準決勝結果

【中銀スタジアム】
帝京第三 2-1 韮崎
日本航空 0-2 山梨学院

第96回全国高等学校サッカー選手権大会山梨県大会決勝日程

平成29年11月18日(土)
【中銀スタジアム】
帝京第三 vs 山梨学院 12:05~

サッカーバンク編集部
サッカーバンク編集部
Page Up