山梨県 トピックス 第96回全国高等学校サッカー選手権大会山梨県大会準々決勝結果

第96回全国高等学校サッカー選手権大会山梨県大会準々決勝結果

2017.10.21

平成29年10月21日(土)、第96回全国高等学校サッカー選手権大会山梨県大会準々決勝4試合が帝京第三グランド、日本航空グランドの2会場で行われた。
帝京第三グランドの第1試合は帝京第三と、3回戦を笛吹と対戦し延長戦を制し勝ち上がった
甲府商業が対戦、帝京第三が3ゴールを決め準決勝に進出した。

第2試合は昨年度大会で準優勝校の韮崎と29年度インターハイ山梨県大会でベスト4、県高校総体準優勝と力をつけてきた北杜の戦い。
試合が始まる間際には、濃霧で視界が悪くなり試合への影響が心配されたが、次第に霧も少なくなり、雨も小雨となった。
会場には悪天候にも関わらず、大勢の保護者、両校のOBなどで観覧場所は覆いつくされ、 この試合の注目度が感じられる。 試合は、韮崎キックオフで試合が始まった。

前半、立ち上がりお互いがコーナーキックをとりチャンスの場面はあるが、いずれも得点に結びつくまでは行かない。
北杜が自陣の低い位置から前線にロングボールを送ると、それを韮崎が跳ね返す。
また韮崎のロングボールは北杜が跳ね返す展開。
そして迎えた前半19分、遂に均衡を破ったのは韮崎。
左コーナーキック、北杜ゴール前で混戦からこぼれたボールを韮崎8金丸(立)が北杜ゴールネットに突き刺し先制点を奪った。 1点を奪われた北杜だったが、まだ十分に同点に追いつける時間は残されている。
北杜は25分、フリーキックを得るが活かしきれない。その後は両校とも決定機がつくれないまま前半終了。

後半に入っても韮崎は、北杜が得意とするカウンター攻撃を堅い守備によって完全に封じる。そして後半19分、韮崎10浅川が北杜DFをかいくぐりシュートを放った。
これを北杜GK清水がファインセーブ、追加点を許さない。 試合時間も進み終盤戦を迎え、攻守の攻防が激しくなっていく。 追加点が欲しい韮崎、同点に追いつきたい北杜。

迎えた後半40分、北杜がラストチャンスともいえるコーナーキックを得た。
北杜は3回戦、甲府東との試合で1-1の延長から2点を奪い準々決勝に進出してきている。
今回も土壇場で追いつけるか。 蹴られたボールは韮崎ゴール中央で待っていた北杜4谷本が頭で捉えた。
しかし無情にも直径12センチの韮崎ゴールバーに拒まれた。 そして間もなく試合終了のホイッスルが鳴り響いた。
これで韮崎が北杜に1-0となる接戦を制し、ベスト4に進出を決めた。

日本航空グランドで行われた第1試合、東海大甲府と山梨学院は0-5で山梨学院が、第2試合の日本航空と日大明誠は4-0で日本航空が勝利、準決勝に進んだ。
これでベスト4が確定(帝京第三、韮崎、山梨学院、日本航空)、準決勝は11月11日(土)に中銀スタジアムで行われる。

第96回全国高等学校サッカー選手権大会山梨県大会準々決勝結果

【帝三G】
帝京第三 3-0 甲府商業
韮崎 1-0 北杜

【航空G】
東海大甲府 0-5 山梨学院
日本航空 4-0 日大明誠

第96回全国高等学校サッカー選手権大会山梨県大会準決勝日程

平成29年11月11日(土)
【中銀スタジアム】
帝京第三 vs 韮崎 11:00~
日本航空vs 山梨学院 13:45~

サッカーバンク編集部
サッカーバンク編集部
Page Up