山梨県 トピックス 第95回全国高等学校サッカー選手権山梨県大会準決勝 山梨学院VS日大明誠

第95回全国高等学校サッカー選手権山梨県大会準決勝 山梨学院VS日大明誠

2016.11.7

平成28年11月5日(土)に中銀スタジアムで第95回全国高等学校サッカー選手権山梨県大会準決勝の山梨学院と日大明誠の試合が行われた。
山梨学院は、2年ぶりの優勝を目指し決勝進出を狙う。 一方の日大明誠は、昭和58年、59年と2年連続で全国高等学校総合体育大会山梨県大会で優勝をしているが、全国高等学校サッカー選手権大会山梨県大会の優勝は手にしていない。準決勝で山梨学院に勝利し、決勝進出に気合が入る。

a91j2690_r

日大明誠のキックオフで始まった。 立ち上がり1分、日大明誠はF.Kを得た。キッカーはFW10山口。 しかしこれはチャンスには結びつかない。
山梨学院は5分、DF5池澤がシュートを放つも、日大明誠GK1高橋がはじき出す。
そのまま左コーナーとなり、キッカーはMF7雨宮。 ゴール前に入ったボールにMF6西野が合わせるが日大明誠のゴールを捉える事が出来ない。

日大明誠は、山梨学院のDFの裏を取りに行くが、オフサイドにかかりチャンスを作り切れない。14分にも日大明誠FW9谷口が左サイドでルーズボールを拾い仕掛けるが、山梨学院DF陣が対応。
お互いに攻守を繰り返すが、山梨学院がセカンドボールを拾う回数が増えていく。

a91j2644_r

そして23分、山梨学院MF7雨宮からMF10相田にボールが入りシュートを放ち、日大明誠のゴールネットを揺らし先制した。
山梨学院は、27分にもFW11藤原がドリブルで抜け出しシュート、また29分には日大明誠陣内でボールを奪うと、MF7雨宮からMF10相田に経由、そしてFW11藤原とカウンターを仕掛け、追加点を奪いに行く。

日大明誠は耐える時間帯が続くが、粘り強く守備から山梨学院に追加点を許さない。 1-0のままこうはんに突入。
日大明誠は、MF11新井に代え、MF18桑原がピッチに立つ。 後半3分、日大明誠MF18桑原が、山梨学院DF陣の裏に抜け出すが、惜しくもオフサイドの判定。 4分にも日大明誠はF.Kから山梨学院が跳ね返したボールをFW10山口がシュートを放つ。

a91j2469_r

a91j2334_r

早く同点に追いつきたい日大明誠。 9分にも中央からFW9谷口がシュートを放ち、山梨学院ゴールを脅かす。
前半、山梨学院がセカンドボールを拾う事が多かったが、山梨学院の運動量が、やや落ち始めたのか日大明誠が山梨学院陣内に入っていく機会が増えてきた。 そして後半30分、ついに日大明誠が同点に追いついた。

山梨学院からボールを奪うと途中出場のMF19森住からFW10山口に渡り、山梨学院ゴールネットを揺らし1-1とした。 残り10分、両校一歩も譲らない攻守を見せるが、互いに得点を上げる事が出来ない。

a91j2583_r

そしてアディショナルタイムに突入。 延長戦にもつれ込むと思われた時、山梨学院が試合を決定づけた。
山梨学院FW19加藤にボールが入ると、日大明誠ペナルティエリア手前から、右足を振り抜いた。ボールは、日大明誠ゴールに突き刺さり、勝ち越しゴールとなった。

a91j2185_r

熱戦を制した山梨学院は、平成28年11月12日(土)に中銀スタジアムで、古豪韮崎と2年ぶりの全国切符を賭け戦う。

サッカーバンク編集部
サッカーバンク編集部
Page Up