山梨県 トピックス 第95回全国高等学校サッカー選手権山梨県大会準決勝 韮崎VS甲府商業

第95回全国高等学校サッカー選手権山梨県大会準決勝 韮崎VS甲府商業

2016.11.6

平成28年11月5日(土)、中銀スタジアムで第95回全国高等学校サッカー選手権山梨県大会準決勝、韮崎と甲府商業の試合が行われた。

キックオフは、甲府商業。 古豪韮崎に対し2016ユースリーグ2部所属の甲府商業が、どんな戦いを見せるか楽しみな一戦でもある。

a91j1790_r

(Photo:Teduka)

試合立ち上がり、いきなりゲームが動いた。
甲府商業MF11三科が倒されF.Kを得るとキッカーはDF8野田、ボールは韮崎ゴール前に放り込まれ混戦となった。そこをDF5阪本が韮崎ゴールに背を向けたまま頭越しにシュートを放った。ボールは弧を描いて韮崎ゴール左隅に吸い込まれ韮崎ゴールネット揺らした。 これには、韮崎GK1河原も反応できなかった。

いきなりの展開で韮崎も浮足立つが、まだまだ試合は始まったばかり。 韮崎は9分、MF7村松が切れのあるドリブルで右サイドから甲府商業ゴール前に進入を試みるも甲府商業DF陣が対応する。

a91j2037_r

(Photo:Teduka)

11分またも甲府商業MF11三科が倒されF.Kを得るが、これは韮崎GK1河原の正面。 逆に17分、韮崎がフリーキックを得た。
キッカーはMF7村松、しかし甲府商業DF陣がしっかり跳ね返し、得点には結びつかない。 18分、19分にもC.K、F.Kと韮崎は、甲府商業ゴールに襲いかかるが、集中守備で甲府商業が体を張り得点を許さない。

早めに同点に追いついておきたい韮崎は27分、MF7村松が右サイドからクロスを入れると、FW11ソーレンが頭で合わせるが、惜しくもゴール枠を捉える事が出来ない。 多少の焦りも見えてきた韮崎だったが、31分遂に同点に追いついた。

a91j1915_r

(Photo:Teduka)

甲府商業ゴール前で韮崎のシュートを甲府商業が体に当て跳ね返したルーズボールを、 韮崎MF10加賀谷がシュート、ボールを甲府商業ゴールに突き刺した。
この同点ゴールをきっかけに、韮崎が息を吹き返した。

前半1-1で折り返すと、後半開始1分、韮崎MF7村松がドリブルから後半からピッチに立ったMF18名取を経由しFW11ソーレンに収まり、勝ち越しゴールを奪った。 前半と全く逆な展開となった後半の立ち上がり。 今度は、追う立場となった甲府商業は5分、FW4西原が韮崎DFラインの裏に抜け出す。しかしこれは、韮崎が対応し決定機を作らせない。

a91j1846_r

a91j1820_r

(Photo:Teduka)

甲府商業は10分にも、F.Kからゴール前でDF5阪本が頭で合わせに行くが僅かにタイミングが合わない。

韮崎も追加点を目指し13分、18分にシュートを放ち甲府商業ゴールを脅かす。
次第に韮崎のシュートシーンが増えていく。
しかし甲府商業も韮崎ゴールを目指すことを諦めない。
20分には、MF7矢崎がクロスを入れるとFW4西原が飛び込み同点ゴールを奪いに行く。 26分、28分にもチャンスを作るが、ゴールを奪う事が出来ない。

刻々と時間が過ぎる中、韮崎は左サイドからMF18名取が甲府商業ゴール前に折り返すと MF17藤島が飛び込み追加点を奪い3-1とした。
そのまま試合終了となり、韮崎が決勝の舞台に駒を進めた。

a91j1920_r

(Photo:Teduka)

甲府商業も最後まで決して諦めず全員が全力で、韮崎ゴールを目指したが、惜しくも韮崎ゴールネットを揺らす事が出来なかった。

サッカーバンク編集部
サッカーバンク編集部
Page Up