山梨県 トピックス 【マッチレポート】 山梨県高校サッカー新人大会準決勝 日本航空vs笛吹

【マッチレポート】 山梨県高校サッカー新人大会準決勝 日本航空vs笛吹

2016.2.15

12733535_464319097102003_9126146467583065899_n_R

(Photo:Teduka)

山梨県高校サッカー新人大会準決勝 日本航空 vs 笛吹

平成28年2月13日(土)、山梨県高校サッカー新人大会準決勝で日本航空と笛吹が対戦した。
会場となったのは日本航空グランド、天候もよく沢山の人が両校応援の為、会場を 訪れた。
前半キックオフは、笛吹で始まる。立ち上がり6分に日本航空が得意とするコーナーキックを得る。キッカーはMF5村松、しかしこれはチャンスにはならず。
DFラインでGKも含めてボールを動かし相手のマークがずれたところを狙う日本航空、 それに対し笛吹は全体でスペースを埋める作業を行う。 ボールを支配している分、僅かに日本航空ペースとなる
試合展開。 笛吹もしっかりした守備から日本航空ゴールを狙う。
ところが10分いきなり日本航空が 先制点を決めた。中盤で笛吹からボールを奪うとMF7佐藤(雄)がドリブルで駆け上がり そのまま思い切りよくシュートを放った。ボールは引く弾道で笛吹ゴール右に突き刺さった。ボールを動かす事に対応していた分、笛吹の守備の反応が遅れ決定機を与えてしまった。 これで1-0とし日本航空リード。

12744417_464318273768752_886678517277865318_n_R

12742399_464318763768703_7846094733748099560_n_R

(Photo:Teduka)

一方、笛吹は11分にF.Kのチャンスを得る。 先制されているので早めに追いつきたい笛吹だったが、日本航空MF8佐藤(和)が対応し 得点には結びつかない。13分、31分にもF.Kを得るが、いずれも日本航空ゴールを捉えきれない。

後半に入り10分、MF8佐藤(和)からボールをMF9榎本がシュート、これは 笛吹守護神のGK1細田が手に当てゴールを守る。
このころから徐々に日本航空の攻撃に対し、笛吹の守備に遅れが出始める。 日本航空は中盤を支配し始めた15分、MF8佐藤(和)が右からゴール前に折り返すと、 そこに入って来たFW11山崎が合わせ2-0とした。

12715406_464318543768725_4862161275039018582_n_R

12744685_464318627102050_2682823624974170333_n_R

(Photo:Teduka)

それに対し笛吹は21分、一瞬バイタルエリア中央が空いた所を、FW7川村がシュートを放ち日本航空ゴールを脅かす。 26分にもFW7川村がシュートを放つが、日本航空DF陣が体にあて得点を許さない。
日本航空DF陣の体にあたり跳ね返ったところを、そのままシュートするも惜しくもゴールポストに嫌われた。
その後も笛吹は日本航空ゴールを目指したがゴールネット揺らすことが出来なかった。

サッカーバンク編集部
サッカーバンク編集部
Page Up