山梨県 トピックス 選手権山梨県大会決勝 帝京第三vs山梨学院

選手権山梨県大会決勝 帝京第三vs山梨学院

2015.11.8

写真_118_R

(Photo:Teduka)

平成27男11月7日(土)、中銀スタジアムにて第94回全国高校サッカー選手権大会 山梨県大会の決勝戦、帝京第三と山梨学院の試合が行われた。
スタンドには両校の大応援団がピッチ上の選手達に声援を送る中で繰り広げられた。 帝京第三と山梨学院は平成27年度山梨県内大会3度目の対決となった。
帝京第三は県総体、インターハイ県予選で山梨学院に対し2勝しているが、昨年度第93回高校サッカー選手権大会山梨県大会では0-1で悔し涙を流した。

試合は山梨学院のキックオフで始まった。
立ち上がり10秒、山梨学院はコーナーキックを得るがチャンスにはならず。 3分には、帝京第三がコーナーキックを得る。しかしこれも決定機にはならない。

写真_92_R

(Photo:Teduka)

決勝戦ファーストシュートは4分、帝京第三MF7梅田がロングシュートで山梨学院ゴールを狙うが枠外。
一方山梨学院は7分、FW8大西が中盤から帝京第三DF陣の裏へボールを出すと、前にいたFW9前田がすかさずシュートを放つが、帝京第三GK1浅野がキャチ。 両校とも先取点が欲しいところ。
今度は帝京第三が見せた。 MF7梅田が左サイドをドリブルで仕掛け深く抉るところを倒されFKを得た。
キッカーはMF7梅田、ボールをふわりと山梨学院ゴール前に上げると中央にいた帝京第三DF2吉野が頭で合わせたが惜しくもクロスバーに嫌われ得点にならない。
すると今度は山梨学院、FW8大西が左サイドからクロスを入れる、これを帝京第三DFがクリアーに行ったボールが帝京第三ゴール前に上がった。 反応したのは山梨学院FW9前田、ヘディングシュート放つもクロスバーに跳ね返された。 お互いゴール前の激しい攻防が繰り返され、80分が激闘となる暗示がする。
その後も激しいボールの奪い合いが続いたが、ついに均衡が破れた。
中盤で山梨学院FW11渡辺がボールを奪うとDF2吉浜を経由し右サイドのFW8大西に ボールが渡る。
もう一度DF2吉浜に戻したボールをそのまま帝京第三ゴール前に放り込んだ。これを中央にいた山梨学院のエースFW9前田が頭で合わせゴール右に叩き込んだ。
帝京第三GK1浅野が横飛びで対応するも届かずゴールネットが揺れた。 ここから山梨学院がボールを支配し始める。

写真_98_R

写真_73_R

(Photo:Tduka)

そして21分中央で山梨学院MF10阿部が ボールを引き出すと、ダイレクトで帝京第三DF陣の裏へ、これをFW11渡辺に渡り ここもダイレクトでゴール前に折り返すと走りこんでいたFW9前田が今日2点目となる 追加点を上げた。
これで2-0とし山梨学院がリード。 前半はこのまま2-0で折り返すムードだったが、前半終了間際の41分帝京第三が魅せた。 右コーナーキックを得た帝京第三、キッカーはMF7梅田。 ゴール中央に入れたボールにDF2吉野がヘディングシュート、ボールは山梨学院ゴール右に吸い込まれた。そして前半終了のホイッスル。

写真_22_R

写真_86_R

(Photo:Teduka)

山梨学院が2-1とリードしているものの帝京第三が1点を返したことは、両チーム後半に影響してくる可能性がある。 後半立ち上がりから帝京第三が主導権を握るかのような展開が続く。
この流れを断ち切りたい山梨学院、11分左サイドでMF5保井が倒されF.K、早いリスタートからクロスボールを入れるがシュートには結びつかない。 逆に帝京第三、左サイドをドリブルでFW11村上が仕掛けボールをFW9小山に、もう一度 FW11村上にあずけると、そのままゴール前に放り込んだ。
これを中央にいたMF7梅田が頭で同点ゴールを決めた。 これで試合は振り出しに戻った。
しかしその3分後の18分、山梨学院MF5保井がゴール前に入れたボールをFW8大西がヘディングシュート、帝京第三ゴールネットを揺らした。 3-2とし再びリードを奪う山梨学院。両校譲らない闘い。
1点を追う帝京第三は後半31分、MF10が倒されF.Kを得た。 キッカーは途中出場のMF14山元、ボールは弧を描きゴール前に。 これをFW9小山が頭で山梨学院ゴールに流し込んだ。またしても同点に追いつく帝京第三。

写真_113_R

(Photo:Teduka)

その後も攻撃の手を緩めず、山梨学院ゴールに襲いかかる。 山梨学院も我慢の時間帯が続きながらも帝京第三ゴールを目指す。 このまま延長かとも思われた40分、ハーフライン近くから帝京第三DF5山下が一挙に前線へロングボールを入れた。これをFW11村上が収め、そのままシュートを放った。
ボールは山梨学院ゴール右隅に入り土壇場で帝京第三が4-3とし始めてリードを奪った。 残り時間はアディショナルタイム3分。 山梨学院はロングボールで前線にボールを入れるが、同点ゴールを奪う事は出来ない。
そして試合終了を告げるホイッスルが鳴り響いた。

写真_10_R

写真_11_R

(Photo:Teduka)

この瞬間、帝京第三は第93回大会山梨県大会決勝で山梨学院に0-1で敗れた雪辱を果たした。お互い自分たちの持っている全ての力を出し切り、最後の最後まで諦めず、戦い抜いた決勝戦であったと思う。
またスタンドからもピッチ上の選手達と同じ気持ちで最後まで諦めずに応援している姿を感じ取れる試合であった。

サッカーバンク編集部
サッカーバンク編集部
Page Up