山梨県 トピックス インターハイ県予選 帝京第三 対 山梨学院(決勝)

インターハイ県予選 帝京第三 対 山梨学院(決勝)

2015.6.22
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨年の決勝と同じカード、昨年は1ー0で山梨学院が勝利し優勝、今年はどういう戦いになるのか楽しみ。 韮崎中央公園陸上競技場で雨の中キックオフ。立ち上がりはお互いシンプルなプレー。中盤での激しい奪い合いが続く。しかし4分帝京第三が左サイドをうまく抜け出し低くて速いクロス、雨でピッチはかなりスリッピー、山梨学院のDFの間をすり抜け、中央で待ち構えていた9番小山が左足を振り抜き先制ゴール。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、山梨学院も左サイドから11番渡辺が攻め込む、しかし帝京第三がしっかり対応しチャンスを作らせない。帝京第三は中盤でもセカンドボールを拾う回数が増え細かいパスでしっかりボールを動かしながら相手の背後へボールを送り込む。 しかし決定的なチャンスまでは作り出せず。逆に30分以降山梨学院がグランドを大きく使い出し両サイドから帝京第三ゴールに迫り、あわやゴール!?と思われる場面もあったがシュート精度を欠きゴールを奪うことができず前半終了。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後半スタート、雨も強くなり気温も低くなってきた。両者シンプルな立ち上がりだが、 2分山梨学院がファウルで帝京第三が左サイド高い位置でフリーキックのチャンス。このチャンスをうまくいかし帝京第三9番小山が本日2点目となるゴールを決める。山梨学院は苦しい展開。その後帝京第三が攻め込む。11分には2本連続コーナーキックのチャンスからゴールへ迫るも得点できず、しかし14分には帝京第三14番加藤が追加点、16分には7番梅田がさらに追加点で4-0とする。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帝京第三の勢いが止まらない。20分には右サイドからのクロスを帝京第三7番梅田がゴール。これで5-0と突き放された山梨学院は焦りからか単調な攻撃が目立つようになる。逆に帝京第三は得点差があるということもあり冷静に対応し攻撃に繋げていく。その後も帝京第三が優位にゲームを進めこのまま試合終了となる。 山梨学院は最後まで諦めずに帝京第三ゴールを目指したが、帝京第三が完封で 昨年のリベンジを果たし優勝を決めた。 帝京第三は、山梨県代表として全国大会で活躍してきて欲しい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サッカーバンク編集部
サッカーバンク編集部
Page Up