山梨県 トピックス インターハイ県予選 日本航空 対 甲府南(3位決定戦)

インターハイ県予選 日本航空 対 甲府南(3位決定戦)

2015.6.22

IMG_0778

気温21度、湿度74%、南東の風2m、小雨、昨日とはうって変わり梅雨らしく雨模様のコンディション。
準決勝で惜しくも敗れた日本航空 対 甲府南の3位決定戦は、韮崎中央公園芝生広場、11時キックオフで開始された。

IMG_0788

立ち上がりから高く保ったDFラインでボールを回し、縦への配球をうかがう日本航空。
対する甲府南は全員が自陣に引く守備的な布陣で臨み、攻撃はカウンター狙いのようだ。
最初のチャンスは開始2分の甲府南、中央付近約40mの位置でセットプレーのチャンス。
これを15番堀内が直接狙い枠内に飛んだが、距離もあったことから力なくGK中嶋が難なくキャッチ。

IMG_0796

日本航空は、前線の選手が盛んに動き直しフリーの場面を作ろうとするが、甲府南DF陣が集中したマークとスペースを消す動きが良く、効果的なボールを中々配給できない。
セットプレーのチャンスも奪えないまま時間が過ぎてゆく。

IMG_0823

甲府南は奪ったボールをあまり手数かけず、前線の7番水上と10番保坂を走らせて、あわよくばを狙ったロングボールが目立った。

IMG_0836

押し込みながらも攻撃の糸口が中々見つからない日本航空は、25分に6番嶋がミドルを狙ったが枠を捉えることは出来ず、その後は両チーム共シュートチャンスもないまま終盤へと膠着状態は続いた。

IMG_0849

均衡が破られたのは34分、日本航空2番桂原が右サイド深い位置での1対1で勝負を挑み、相手DFを綺麗に交わしてゴール際深い位置までドリブルで持ち込みラストパス。
グラウンダーの折り返しを9番榎本がゴール左へ流し込み先制点を奪った。

IMG_0843

決勝点となった9番榎本のゴールシーン

IMG_0864

終盤の35分、1点を奪われた甲府南にFKのチャンス。
DFも上がり前線に人数をかけ、キッカー5番桐山が配球。
DF17番古屋が競り勝ち頭で落とし込んだボールは、同じく前線に上がっていたDF4番遠藤の足元に惜しくも合わずシュートまで持ち込めなかった。
日本航空も37分4番曽我のミドルシュート、続く38分には6番嶋が枠内にミドルシュートを放ったがGK加治にパンチングで防がれ得点にはならなかった。

IMG_0938

IMG_0963

早めに1点を返したい甲府南は、前半の守備的な布陣から、前線への意識を高めた布陣へと変わっていく。
後半まもなく投入された攻撃的な8番岩下を中心に左サイドからの崩しを狙い、12分には左サイド9番望月からのクロスに10番保坂がゴール前飛び込み足で合わせたボールは高くバーの上を超えたがあわやのシーンを作り出した。

IMG_0885

15分過ぎからは、日本航空の時間帯が続く。
15分左CK、17分2番からのクロスに9番榎本が足で合わせシュート、17分、18分、19分とCKが続いたがチャンスは生かせず、22分、裏を取った左サイド10番窪田からのクロスを11番佐々木が足で合わせたが枠外、さらに、24分、25分、27分、29分とCKのチャンスが続いたが、甲府南の懸命なブロックで枠内へのシュートまで持ち込めたのは、29分右CKの流れから最後に8番新谷が放ったミドルシュートのみだった。

IMG_0967

IMG_0982

終盤はお互い間延びして縦への応酬となり、甲府南最後に訪れたビックチャンスは36分、左サイドゴール際で9番望月が一瞬フリーになり、すかさずシュートを放ったが、惜しくもサイドネットに突き刺さった。

IMG_0973

サイドネットに突き刺さった9番望月の惜しいシュート

甲府南は最後まで諦めず善戦したが、1-0のまま試合終了。日本航空が3位、甲府南が4位となった。

IMG_1005

サッカーバンク編集部
サッカーバンク編集部
Page Up