山梨県 トピックス 令和3年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技県予選 兼 原杯争奪サッカー大会 準決勝・決勝

令和3年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技県予選 兼 原杯争奪サッカー大会 準決勝・決勝

2021.6.22

令和3年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技県予選 兼 原杯争奪サッカー大会の準決勝が、令和3年6月19日(土)に、韮崎中央公園芝生広場で、決勝が令和3年6月20日(日)にJITスタジアムで行われた。

準決勝は、帝京第三と日大明誠、前半、帝京第三が前線から相手にプレッシャーをかけながら、日大明誠のゴールを狙いに行く。そして遂に日大明誠ゴールを捉えた。左サイドからMF8小林が日大明誠ゴール前中央にボールを入れると、FW9細田が右足で先制ゴールを奪った。

後半では、日大明誠も再三、帝京第三ゴールを目指すが、帝京第三の終始、集中した守備に阻まれ、決定機を掴むことが出来ず、1-0で帝京第三が決勝に進んだ。
もう1試合は、日本航空が棄権となった為、韮崎が決勝の舞台に進んだ。

決勝戦は令和3年6月20日(日)、JITスタジアムにて、帝京第三と韮崎のカードになった。
試合前半、連戦となった帝京第三だったが、疲れを感じさせないプレーで、韮崎ゴールに襲いかかる。
そして34分、中央でFW10趙が浮き球を競り合い、こぼれたボールに、MF8小林が反応、ドリブルから左足を振り抜き、韮崎ゴール右に突き刺し先制点を奪った。

後半に入り、互いに攻守の攻防を見せるも、決定機を作り切れない。
試合が終盤に入ると、さすがに帝京第三の運動量が僅かに落ちたようにみえた。
それに対し韮崎は、選手交代も含め帝京第三ゴールを目指し、力強い攻撃を仕掛ける。
そしてアディショナルタイム、途中交代で入った、韮崎FW19熊谷が右足で帝京第三ゴール右隅に流し込み、土壇場で試合を振り出しに戻し、韮崎が意地をみせる。

試合は、延長戦に突入したが、両校ともゴールを奪えずPK戦が、脳裏をよぎる延長後半終了間際、帝京第三がセットプレーから、前日の準決勝で日大明誠からゴールを奪ったFW9細田が韮崎ゴール右隅に頭で押し込み決勝点を奪い、4年ぶり11回目の優勝を手中に収めた。

令和3年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技県予選 兼 原杯争奪サッカー大会 準決勝・決勝

【準決勝】
帝京第三 1-0 日大明誠
日本航空 vs 韮崎

【決勝】
帝京第三 (延長1)1-1(延長0) 韮崎

サッカーバンク編集部
サッカーバンク編集部
Page Up