山梨県 トピックス 令和2年度県下高校サッカー新人大会開幕

令和2年度県下高校サッカー新人大会開幕

2021.1.17

第99回全国高等学校サッカー選手権大会で、山梨県代表の山梨学院が強豪校、青森山田を
PK戦で制し2度目となる優勝を果たした。
山梨県下高校サッカーも、その余韻が残る中、令和2年度県下高校サッカー新人大会が
開幕となった。
今大会は、コロナ渦の開催ということから、完全無観客試合として行われている。

開幕戦初日となった令和3年1月16日(土)は、7試合が行われた。
グリーンフィールド穂坂では第1試合に甲府工業と韮崎工業が対戦、6-1で
甲府工業が快勝した。

第2試合では、北杜と都留が対戦、前半は北杜の攻撃に対し、都留が堅い守備から決定機を作らせない展開。
一方の都留は、守備に力を入れている状況で、攻撃のリズムが、機能しづらい
状況だったが、前半36分に、中央付近から北杜の最終ラインを崩し、先制点を奪った。

都留が1-0で折り返したが、後半に入り北杜が、1点を返し、試合を振り出しに戻すと、
攻撃リズムを取り戻した北杜が、追加点を奪い逆転し、2-1で北杜が都留に勝利した。

他会場では、甲府商業が前半0-2から後半に3点を奪い返し、笛吹に3-2で勝利している。

また同日に令和2年度県下高校女子サッカー新人大会も行われ、日本航空が富士北稜に、
帝京第三が、甲府商業に勝利している。
令和2年度県下高校女子サッカー新人大会は、令和3年1月23日(土)に農村公園グランドで
3位決定戦、決勝戦が行われる。

令和3年1月17日(日)には、大会2日目が行われた。
白根高校会場では、第1試合に白根と甲府城西の試合が行われた。
試合は立ち上がりから白根が優位にゲームを進めるが、中々得点チャンスまで行くことが出来ない。
一方の甲府城西も前線にボールを入れたいところだが、白根にパスカットされ、思う様に攻撃が出来なかった。
0-0で試合が進み、延長戦も頭に過る。

しかし、試合後半終了間際に、甲府城西GKが、前に飛び出したところを、白根がGKの頭上越しにゴールを奪い、
1-0で白根が甲府城西に勝利し、次に駒を進めた。
山梨学院会場では、山梨学院が巨摩に、また日川が都留興譲館に快勝した。
東海大甲府グランドでは、上野原が山梨・塩山に4-3で競り勝った。

令和2年度県下高校サッカー新人大会 結果

〈令和3年1月16日〉
【1回戦】
農林 0-12 日本航空
甲斐清和 0-14 駿台甲府
韮崎工業 1-6 甲府工業
北杜 2-1 都留
帝京第三 3-0 甲府昭和
富士河口湖 5-1 市川・峡南・青洲
笛吹 2-3 甲府商業

【女子 1日目】
日本航空 33-0 富士北稜
甲府商業 1-5 帝京第三

〈令和3年1月17日〉
【1回戦】
巨摩 0-14 山梨学院
都留興譲館 0-7 日川
吉田 2-6 甲府東
日大明誠 4-0 富士北稜
甲府西 0-7 東海大甲府
山梨・塩山 3-4 上野原
白根 1-0 甲府城西
甲府南 3-1 甲府第一

 

サッカーバンク編集部
サッカーバンク編集部
Page Up