山梨県 トピックス 令和元年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技県予選 兼 原杯争奪サッカー大会 韮崎が制す

令和元年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技県予選 兼 原杯争奪サッカー大会 韮崎が制す

2019.6.18

令和元年6月16日(日)、令和元年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技県予選 兼 原杯争奪サッカー大会決勝が行われ、古豪韮崎が県総体に続き、日本航空を破り優勝を果たした。

前日の令和元年6月15日(土)に、山梨県内は朝から雨により最悪のピッチコンディションの中、韮崎中央公園陸上競技場と芝生広場の2会場で準決勝が行われた。
韮崎は山梨学院と、日本航空は日大明誠と決勝を賭け熱戦を繰り広げた。

韮崎は、前半2-0でリードし折り返す。後半、山梨学院に2ゴールを許し追いつかれたが、1点を追加し山梨学院を突き放し決勝に進んだ。
また日本航空は、日大明誠にPK戦で5-4とし勝利した。

これで決勝戦は令和元年度 第71回県高校総体サッカー競技兼関東大会予選と同じカードになった。
令和元年度 第71回県高校総体サッカー競技兼関東大会予選では、韮崎が日本航空に1-0で勝利し優勝を手にした。日本航空にとっては、リベンジとなる戦いとなった。

決勝の日となった令和元年6月16日(日)は、前日の雨もあがり、気温も上昇し良好のコンディションで行われた。
試合は、韮崎、日本航空共、互いに激しい球際での争いから攻守を繰り返す展開となった。
しかし両校、決定機をゴールに結びつけることはなく0-0のまま延長戦に突入した。
延長戦に入っても、互いに集中力を切らすことなく0-0と決着が付かずPK戦となった。
PK戦は日本航空が先行で行われた。

PK戦では、緊張感の中、両校4人目まで成功、勝負の行方は5人目のキックに託された。ここで魅せたのは途中出場の韮崎GK12小野、日本航空5人目のキックをセーブし韮崎の優勝を引き寄せた。結果、韮崎が日本航空にPK5-4で6年ぶりのインターハイ出場の切符を手にした。
また韮崎は、令和元年度 第71回県高校総体サッカー競技兼関東大会予選に続き2冠を達成した。

3位決定戦は、山梨学院が日大明誠に前半2-0、後半2-0で4-0とし勝利した。

令和元年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技県予選 兼 原杯争奪サッカー大会準決勝・決勝結果

令和元年6月15日(土)
【準決勝】
韮崎 3-2 山梨学院
日大明誠 (PK4)1-1(PK5) 日本航空

令和元年6月16日(日)
【3位決定戦】
山梨学院 4-0 日大明誠
【決勝】
韮崎 (PK5)0-0(PK4) 日本航空

サッカーバンク編集部
サッカーバンク編集部
Page Up